米国ルイジアナ州経済開発局(LED)国際商務部

2014年5月13日、KWBSは弊社戦略パートナーWAVTEQ社と米国ルイジアナ州経済開発局(LED:Louisiana Economic Development)国際商務部の日本事務所として「日本市場からの米国ルイジアナ州への企業誘致活動」に関する受託契約を締結、2014年6月1日よりその活動を開始致しました。

ルイジアナ州の事業・投資環境

【基本情報】

 知事:   ジョン・ベル・エドワーズ

 主要産業: 先端製造業、航空宇宙、エネルギー、

       プロセス産業、アグリビジネス、水管理、

       ソフトウェア開発・IT産業

 GDP:     2,370憶ドル(2016年)

 一人当たりの個人所得: 42,298ドル(2016年)

 失業率:  4.7%(2017年11月)

 輸出:   484.19憶ドル(2016年)

 輸入:   324.24憶ドル(2016年) 

 

ルイジアナ州は、ビジネスの利便性において北米トップ5の州に選ばれています。その全体的なビジネスコストは、東南アジアや米国より安価となっています。

 

ルイジアナ州はアメリカの湾岸南部に位置し、下記の恵まれたインフラが整備されています。 

  • 7つの商業/主要空港
  • 6つの州間高速道路
  • 27の港湾施設(内陸:13、深い喫水港:6、沿岸:8)
  • 北米第1級鉄道6線全てが合流する2州のひとつ 

 

この様な他に類のないインフラが米国内及び国際市場への効果的なアクセスを可能にしています。

 

また産業用電気、天然ガスや工業用用水が豊富で、熟練した労働力と共に低い価格で供給できる事も高い競争力の要因となっています。

 

ルイジアナ州では、下記の伝統的且つ新興産業が育っています。 生産性の高い意欲ある労働力、低い税率、無類のインフラや物流に加え、専門性の高いビジネス環境と全米No.1の労働者採用・トレーニングプログラム LED FastStart により、ルイジアナ州は競争上大変優位な位置を保持しています。

 

2003年からルイジアナ州への直接投資は常に改善され、拡大を続けています。

 

- 直接投資による雇用創出数: 27,107人

- 年平均直接投資プロジェクト数: 10

- 直接投資総額: US$370億

- 平均新規雇用創出数: 271人

 

日本からは信越化学工業、ブリヂストン、中国塗料、デンカ、兼松、大陽日酸等(順不同)がルイジアナ州を製造拠点として選んでいます。また不二製油グループ本社は2018年3月、食用油脂の製造・販売を目的にFuji Vegetable Oil, Inc.の子会社としてFuji Oil New Orleans, LLC.の設立を決定しています。

 

 

株式会社KWBS マーケティング & トレーディング

 代表者: 代表取締役/CEO 曇雅夫

 Masao Kumori,  President/CEO

 

所在地 (Address): 〒105-0022

 東京都港区海岸1-2-3

 汐留芝離宮ビル21階

 

21F Shiodome Shiba-Rikyu Bldg, 1-2-3 Kaigan, Minato-ku, Tokyo 105-0022, Japan

 

TEL: +81 (0)3-5403-5948        MOBILE: +81(0)90-1210-8755

http://www.kwbs-jp.com 

 

代表/受付時間: 09:00~17:00

休業日:土・日曜・祝日・年末年始 

KWBS地図(Map).pdf
PDFファイル 95.7 KB

   Strategic Exclusive Partner

                 of KWBS

イベント情報

下記は、2018年開催イベント 

英国サンダーランド市議会(SCC) 投資セミナー

場 所:浜松町WTCカンファレンスセンター

開催日:2018年5月22日(火)

上記イベントは、多数の方にご参加いただき終了致しました。

お気軽にご相談ください

ホームページ改定日:2018年9月